M’s cafe 

アクセスカウンタ

zoom RSS 『勝どき橋』

<<   作成日時 : 2010/02/05 20:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

勝どき橋は隅田川の一番下流に架かる長さ246メートル幅22メートルの橋で、1970年(昭和45年)までは大型船を通す為に橋の中央部が約70度開閉する二葉跳開橋でした。
二つのアーチの真ん中が開閉部分になっていて、1日に20分×5回の開閉を行ってたんですって。
現在は閉じたままになっています。
画像
開閉しなくなった理由は2つあります。
道路が綺麗に整備され陸送が充実したんで、大型船で物を運ぶ必要がなくなったこと。
それに伴い地上の交通量が増加したんで、交通渋滞を緩和するっていう目的がありました。

両アーチのたもと付近には、開閉を行っていた機械室がそのまま残っています。
その機械室の上部にある信号機が、開閉の際に人や車を止めていたんですね。
画像
もう、この信号機が点灯することは二度とないでしょう。
でも、間違いなくこのまま取り外さないで残していくと思います。
やっぱ、残せるものは残していかないと…。
古いものが次々と消えて無くなってしまうのは余りにも寂しいですからね。

それにしても、この橋ってスッゲェ揺れますよね。
歩いて橋を渡ってみると、その大きな揺れにビックリさせられます。
特に大型車が通過する際には、恐怖までも感じてしまう程です。
画像
そういえば、自分が築地に勤めて間もない頃は、確か水色の塗装だったように記憶してるんですが…。
誰に訊いても憶えてないって言うし、今のところ確認はとれていません。
現在の色はシックでとってもよい感じですね。

夜になれば中央大橋と同様にライト・アップがされ、とっても美しいと言います。
それは青と緑と白で彩られるらしい…。
残念ながら自分は朝が早いんで、夜に行ったことはありません。
画像
色々と話題満載の橋ですが、2007年には橋梁技術の面で価値の高い橋として国の重要文化財にも指定されました。
築地市場側には「かちどき・橋の資料館」っていうのもあります。
勝どき橋の建造の歴史や、開閉の仕組みなどを紹介しています。
確か無料の筈です。
自分は毎日この橋を渡っておきながら、未だに立ち寄ったことはありません。

もし興味のある方は、お天気のよい日にでもお散歩がてら足を運んでみては如何でしょう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ライトアップされた勝どき橋、私けっこう好きです
でも実は歩いたことはなく普段は遠めに眺めるか、車で通過するか・・・
そんな昔のなごりが今も残されている橋なんですね。
今回も新しい発見をさせていただきました
saya
2010/02/06 07:12
こんにちは(^^)
勝どき橋は、2,3回通ったことがありますが
由緒ある橋なんですね!
東京に居ながら、あまり知らない私^^;
これからは暖かくなる季節、東京の街も色々散策したいと思います
その時は、ご一緒して頂けますか(笑)

今日は良いお天気ですが、風が強いですね。
先ほどバスタオルが、ロールケーキの様になってました(笑)


多絵
2010/02/06 12:06
sayaさん
こんばんは。
築地の近所には勝どき橋の他にも佃大橋と中央大橋が架かっています。
この三つは既に歩いて渡ったんで、隅田川に架かる橋をひとつひとつ歩いて制覇していこうと思います。
やっぱ、車だとあっという間に過ぎてしまうんで歩かなきゃ駄目ですね。
細かいところを見逃しちゃうようで…。
chiba-kamome
2010/02/06 21:52
多絵さん
昔の庄屋の店員ぢゃないですけど「喜んで〜」ご一緒させて頂きます。
自分も「名所」「穴場」には疎いかも知れませんが、職業柄よい感じのお店はいっぱい知っています。
美味しいもの食べに行きましょう。
いつにします?(笑)
chiba-kamome
2010/02/06 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
『勝どき橋』 M’s cafe /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる