M’s cafe 

アクセスカウンタ

zoom RSS 『私が愛するこの街を…』

<<   作成日時 : 2006/12/28 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像首都圏の東側に位置し四方を海と川に囲まれ、水と緑の豊かな自然に恵まれた我らが千葉県。

面積は5,156,58平方キロメートルで全国第28位ですが、東京都と神奈川県を合わせたよりも広い大きさなんですよ。

地勢は、200〜300m級の山々が続く房総丘陵と比較的平坦な下総台地、そして利根川流域と九十九里沿岸には関東平野の一部が広がっています。

三方を海に囲まれた千葉県は、冬暖かく夏涼しい海洋性の温暖な気候?で、特に南房総沿岸は沖合いを流れる暖流(黒潮)の影響を受け、冬でもほとんど霜が降りません。
降水量は夏季に多く、冬季は少ない気候となっています。

千葉県の人口は、約600万人で全国第6位。
その平均年齢は、40,3歳と全国第6位で非常に若い人が多く住む県なのです。

県花は菜の花。
昭和29年にNHKが中心となり一般から公募したもので、正式には決められていないそうなんですが、多くの人に親しまれていますね。

自分が愛するこの街のことを、最っと最っとたくさん知って貰いたいな!
っていつも思っています。

我が家のすぐ近所に 『吉澤野球博物館』っていうのがあります。
国道14号線沿いにあるんですが、あまり大きい建物ではないので車だとチョット見過ごしてしまうかも知れません。

この『吉澤野球博物館』は東京六大学野球にスポットをあてた博物館で、吉澤さんが収集したアマチュア野球の資料などが多く展示されています。

現在、日本ではプロ野球、高校野球は華やかな脚光を浴びていますが、その両者の谷間に沈んで低迷を続けている『東京六大学野球』こそが我が国の野球の原点なのです。
しかし、かつて日本最高峰のものとして一世を風靡した当時の史料は、戦災その他様々な理由により散逸したものも多く、また残された史料の中にも誤りが凄い多いんですって。

その現状を憂慮し、明治時代以来の日本野球史を後世に正確に伝える為に吉澤善吉さんが私財を投じて創立した野球博物館。
興味のある方は、ぜひ一度足を運んでみて下さい。

◆開館時間 10:30〜16:00
◆休館日 月・木・金曜日・夏季・年末年始
◆入館料 大人500円  小・中学生250円
◆問い合わせ先 〒273-0035 船橋市本中山1−6−10
 電話 047-334-3675  FAX 047-334-8808

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。今日まで仕事がありまして忙しい年末、終了致しました。『吉澤野球博物館』今度、機会がありましたら行ってみたいと思います。(^_^)さて、年が明けて1月2日、来年は箱根駅伝の大手町・スタートへ私の母校N大を子供と2人、応援に行きます!33年ぶり(だったかな?)の優勝目指して!!最後に・・今年もお世話になりました。来年も宜しくお願い致します。(^O^)/~~
VW
2006/12/29 20:09
VWさん
実は、自分も読売新聞社本社前に行ってみようかな?
って思ってたんですょ。
予定なんで、どうなるか分かりませんが…。

一年間、お仕事お疲れ様でございました。
よいお年を…。

chiba-kamome
2006/12/30 18:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
『私が愛するこの街を…』 M’s cafe /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる